投稿者 xxxGiuliettaxxx | 03/11/2012

東日本大震災

去年まで、「3月11日」は家族の誕生日であり「アンタ、また老けたわね〜」なんて会話をしていた日でした。 今年からはそれが「今日はあの日か…」という言葉に。

あの日…私は腰椎を捻挫して会社を休んで病院に行き、ベッドに横になりながら診察が終わって先生から話を聞いていた時に地震が起きました。
物凄い揺れとともに院内は騒然となり、パニックは起きなかったものの先生や看護師さん達も部屋を出て確認に出た程で(あとあと考えたら置いてけぼりにされてた…)、みんな何があったのかと右往左往していました。
この瞬間は携帯が繋がったので親と連絡を取れたんですが、騒然としている中‥清算して自宅に急いで帰っている最中に携帯は全く繋がらなくなり、道路も渋滞が始まり(動けなくなる前に自宅に帰り着いてセーフ)、無事に自宅に戻った時は近所の方々が外に出ていたのを見て、これはいつもの地震とは違うな、と・・・。
腰の痛みに冷や汗書きながら必死で部屋に入って、東京でどれぐらいの被害が出ているのかと急いでニュースを確認すると、震源地は岩手県沖ということが分かり、暫くして津波が起きたことがニュースで流れ始めると、あとはもう現実に起こっていることなのかと思うほどの映像が流れ始め、911の時と同様(この時は夜中にニュースを見ていた)茫然とTVを見ていたことを今でも覚えています。

関東圏に住んでいたこともあって、私も含め家族や親戚は幸い無事でしたが、友達や同僚の家族や親戚に被災した方がおり、同僚は実家が液状化現象により住めなくなって一時的に同僚の元に引っ越してきています。
今も仮設住宅で暮らしている方々や家族が行方不明のままの方、家を失った多くの方がいることを考えると決して人事ではないですね。
家族と怒鳴り合いの喧嘩(我が家のコミュニケーション^^;)をできることに…「退屈だと思うことができる今」に今は感謝しています。

そして、忘れてはならないのが、現在も放置されている‥被災して見殺しにされている動物達。
大地震に続いて原発がメルトダウンしたんだから“それどころじゃない”という人もいますが、人間の勝手な理由で見殺しにされた動物達のことは決して忘れてはいけない。
これからも自分にできる範囲で(物資支援とか)支援していこうと思っています。
今も見殺しにされ続けている動物全てが一日でも早く助けられ(名目上だけでなく)、放射能に汚染されているとかという粗末なこじつけ理由で安易に殺されませんように。

亡くなられた被災者の方々に黙祷を捧げるとともに、残された家族の皆さんが一日も早く普通の生活に戻れますように。

広告

カテゴリー

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。