投稿者 xxxGiuliettaxxx | 09/13/2011

臺灣@20日:飛輪海-台湾TAの集いPart II in台南- 前篇

やっとこ本題の「飛輪海台湾トラベルアドバイザーの集いPart II in台南」の感想を~★(; ̄ー ̄A
前篇だけどw(まだ続くのかよっ!)

前日に新幹線の時間を変更したので、ウチ等のせいで出発できず騒ぎになったら面倒なので、朝一番で私を含め三人とも自力で行くとナビに連絡しました。
やっと電話に出たと思ったら、「え? そんなことぐらいで電話してきたの?」なオーラが・・・(爆)
軽く「別にイイですよ」と(笑)
・・・え?w
時間までに集合しなかったらサクッと切り捨てて先に行くので、乗り遅れたり変更した方は自力で来いやってことに“最初からなってた”みたいです。 ヲィヲィ~。
送られてきた書類の中にはそんなこと何処にも書いてなかったゾー!(爆)

各自、お昼を食べたりシャワー浴びたり準備してマッタリ集合~。
いざ、新幹線に乗って台南にレッツゴー!
THSR(TaiwanHighSpeedRail)
三人とも疲れてて、乗って直ぐに爆睡モードに突入していたので、気が付けばもう間もなく台南駅というところまで来てました(笑)
台南駅に着いて、改札を抜けて1Fまで降りると、何やらソワソワした乙女達が1Fに降りるエスカレーター前やエスカレーター下にチラりホラり☆
どうもウチラの乗ってきた時間の次の次?ぐらいの新幹線で四人揃って来たようで、ウチラ三人で1Fのエスカレーター前をウロウロしていると、エスカレーターで亞綸→大東→ケル→尊の順で各自少し間を空けて降りてきました~。

でっ。
ワタクシ、彼等が通過する間、一枚も写真を撮影できず・・・。
いや、実際は何枚か撮影したんですけどぉ~・・・最初誰が降りてきたのか全く気が付かず(爆)
気付いた時には既に亞綸が目の前を通過していて、気を取り直して次の大東にフォーカスを合わせた時には、迷達が彼等を囲みながら一緒に移動して煙幕状態・・・(白目)
右往左往している迷達にカメラのフォーカスが翻弄されて、ブレにブレて幽霊写真になっとりましたわ・・・(;´・ω・`)ゞ
あ、でも観察はぬかりなく♪(笑)

亞綸は不機嫌というほどでもなかったけど、ごくごく普通に登場して通過(笑)
大東は何故か正面にいたカメラを構えている友達の方へ手を挙げながらズンズン歩いてきて(この間に友達は激写ちうw)、途中でスタッフにさり気なく方向修正されてましたw
ケルは相変わらずのサンシャインSMILEで余裕の登場~。
爽やかに手を振りながら通過。
そして最後に尊。
誘導していたスタッフが降り口を間違えちゃったのか‥何故かエスカレーターを使わずに脇の階段から登場~(>▽<)イヒヒ
やや動揺が見られましたが(笑)、例の如くSUPER競歩でアッという間に去って行きましたー!(いやぁ~ホント早かったわ~☆)

そんなこんなで四人を見送り、先が長いので食べておかないと!!というワケで三人とも心置きなく腹ごしらえをして、待機していたイベント専用リムジンバスへ。
行きと帰りの所要時間の違いップリにあとで驚くこととなりますが、この時点では知るはずもなく・・・
台南駅から会場まで約一時間程かかり、イベント前にケルのお店に行こうかと話していたものの‥駅から会場までが時間がかかりすぎて、行ったはイイけどイベントに間に合うように帰ってこられるか微妙だったので今回は諦めようということに。
到着してバスから降ろされたまではイイんですが、案内もなく、貰った地図も大雑把すぎてイベ入場の際に必要なTATOOシールをくれるナビの受付カウンター‥という名ばかりの露店(爆)‥が見つからない~!ヽ(*`Д´)ノ
三週ぐらいグルグル回って、やっと端の方にポツ~ン…とアウェイな感じで設置されていたカウンターを発見し、TATOOシールをゲットしました(;´Д`)=3
ナビの受付カウンターを探すだけで、かなりスタミナ消費だったわい・・・_| ̄|○ il||li

無事に入場券を確保したウチラは、イベ前に飛輪海達が参加しないスタンプラリーを無視(笑)して、かき氷屋さんへ(∀`*ゞ)エヘヘw
愛はあるの。
あるんだけど体力がね・・・
イベ中に三人ともブッ倒れて搬送されたらかなわんですからねぇ~(;´Д`)=3
・・・というワケで、スタンプラリーを捨ててウチラはマンゴーかき氷を食べてクールダウンしてました(笑)
食べ終わったあとは会場へ。
せっかくクールダウンしてスタミナ少回復できたのに、会場までへの道程がこれまた遠くて日除けもない道をテクテクテクテク・・・汗もダクダクダクダク・・・・・・(爆)
やっと着いたと思ったら…今度は炎天下の中、日除けもないところで入場待ち!!!!(白目)
トイレも足りてない上に、バス型の移動トイレはステンレス製で、それはそれは狭い個室が三つある和式トイレだったので、暑いし!狭いし!一度しゃがんだら足が笑っちゃって立てない~!!
も、もうね、悪夢としかね・・・お、思えないわけよ・・・・・・

結局、開場まで炎天下の中並ぶなんて無理!っつーワケで、涼しい場所に移って待機。
半分は溶けて流れていったであろう顔のメイクを何とか修正し(パフ叩くぐらいしか修正ができないけどw)、体中にクーリングジェルを塗りたくり、何とか頑張って開場まで耐えましたよ!(笑)
やっと四人に会える〜〜〜♡

Ф・・・とココで 後篇へ(笑) Ф

広告

カテゴリー

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。