投稿者 xxxGiuliettaxxx | 09/07/2011

臺灣@19日:ブラり観光篇

ありゃ…チョット日が空いてしまいましたが( ̄▽ ̄;)
まだ続くのか~!な19日から(笑)

大名商務会館〔Taming Business Hotel〕に到着して荷物をバラしたあと、空港での戦いに負けた例のSIMの再設定を。
自分の記憶を辿りながら(こういうことは直ぐに覚えるし忘れないアテクシ…)一から再度設定し直したら、アッサリ…ホントにアッサリと繋がりました・・・。
あの空港での悪戦苦闘は一体何だったんだ(泣)

さっ、それでは準備して出発!ということで、予定は詰まっているので早速外出。
夕方からブロ友さんにも会うことになっているので遅延は許されずw ←結局、運命の悪戯(笑)=すれ違いともいふ で、現地集合に(爆)
先ず最初に向かったのはコチラ
台北ナビで予約をして行ってきました。

・・・とココで、まさかの予約すっぽかし疑惑をかけられるワタクシ(爆)

実は台北ナビのHPには茶芸教室の時間が書いておらず、何時に始まるのか全く分からず!
問い合わせたのに回答がないもんだから、とりあえず予約を入れつつ‥備考欄にホテル着の時間を記載しておきました。 しかし回答のないまま当日に・・・。
時間をチョット多めに見積もって(大正解だった☆)昼ぐらいにホテルに着くからと備考欄に書いておいたんですが、どうもそのことを竹里館に伝えていなかった模様。
店→台北ナビ→ホテル(あとで伝言あったよーと教えてくれた)と連絡が入り→とりあえずタクシーに乗ってから連絡入れようと思っていたら、ナビから携帯に連絡が。
備考欄もメールも読んでいないと言われて黒いオーラが出そうになったけど(爆)、結果的にナビ経由で店に連絡してもらって時間を確保してもらえたので結果良しとします(笑)
それにしても普通に「あー・・・見ていませんね」って、そりゃないっしょ〜〜〜。

さて、本題に戻りますが。
茶葉料理のレストランなんですが、ココで行われている茶芸講座を受けに竹里館へ。
場所は台北西華飯店(The Sherwood Taipei)の真裏にあるので、このホテルを目指して行くのが一番分かり易いかと。
撮影したつもりだったのに、お店の写真撮れてなかった・・・はぁ。

コースは二つあり、
Aは、工夫茶を学ぶ講座:
工夫茶で使用する茶器の詳しい説明
工夫茶の入れ方
正確な茶壺の持ち方
間香杯の使用方法とお茶の香りの聞き方
工夫茶の練習と指導

Bは、台湾烏龍茶体験講座:
台湾烏龍茶の分類紹介
台湾3大名茶の特徴の説明と飲み比べ
※3大名茶:阿里山金萱茶、凍頂烏龍茶、東方美人茶

Cは、上記のコース両方とも

私はどちらも体験してみたかったので、両方を体験できるCコースを選んでみました。
Aからやるのかと思いきゃBのコースからスタート☆←この辺が台湾な感じ?(シシシ)
しかも参加者は私一人〜(笑)
お店に入るとプリントされた教材(2ページぐらいだけど☆)を渡されて軽く説明。
3大名茶の特徴などの説明を受けつつ‥先生(可愛い方でしたー)とお喋りをしながら、時間をおいてお茶を飲んでいくわけですが・・・
お茶は凄く美味しいんだけど、一種類のお茶につき最低でも5回ぐらいは飲めるとのことで、散々っぱら飲み倒すことになり腹がチャッポンチャッポン〜!!
いくら器が小さいといっても最低でも15杯は飲んでいるわけで・・・(笑)
ワタクシ、水分摂取量は周りが驚くぐらい取る人間なので余裕っちゃ余裕でしたが(19&20日のSMTでも1リットルを余裕で摂取w)、水分を普段からあまり取らない人は、途中でSTOPした方が良いかもw
別に15杯も飲まなくてもOKです(笑)

Bが終わると休憩(先生はAコースの茶器の準備のため一時離脱)に。
この間も自由にお茶飲んでイイよって言われたけど、さすがにもう飲めない〜!w
Aコースは私以外にも参加者が二名いるとのことで、その二名の到着を待ってスタート。
Bと同じように教材を渡され、茶器のそれぞれの用途の説明を受けます。
改めて、お茶って奥が深いんだわ〜と思いましたね。
だってね、一つのお茶を飲むまでの手間と行程で全然味が違うー!
というのも、最後に実際に各自に茶器を用意お茶を入れるわけですが、三人が三人とも順番うろ覚えで自信ナシ!!(ぐはっ)
山形県から来られた二人と共に三人で「こうだったっけ???」と確認しながら入れたものの‥やっぱり先生が入れたお茶とは微妙に味が違ったような〜〜〜★(笑)

各コースとも約1時間ですが、お茶ベリ(←誤変換でこんなのが出た/笑)しながらナンダカンダで四時間近くお店に居たんじゃないかと(。・w・。 )プププ
もちろん茶器も店内で販売していて、「この茶器が一番売れてるんですよ〜」な宣伝はありますが、別に話の中でシレッと出るぐらいで激しい勧誘はありませんのでご安心を(笑)

各コースが終わると、修了証をくれましたー♪
茶芸教室の修了証
私は二つコースを受けたので二枚(笑)

このあと、予想以上に茶芸教室で時間を費やしてしまったので、急いで西門にあるChinaシューズの靴屋へと向かった‥ものの、運悪く定休日だったのか‥まさかのCLOSED(泣)
そのまま街をつまみ食いしながら(笑)散策しつつ、以前から欲しかったパワーストーンのルチルのブレスが欲しかったのでダッシュで移動。
無事ブレスを購入してタクシーに飛び乗ってホテルに戻る途中、日本にいる筈の某方から電話が(笑)
ぷぷぷ♪ 予想はしてたけど、まさかの同じ便で臺灣入りしていたとは!!!!(うひょひょ)
ホテルに戻ったら、まさかのニアミスで置いて行かれたワタクシ(笑)
お互い同時刻にホテル内の廊下を歩いていた筈なのに、時計回りに衛星移動wしてフロントに出たため気が付きませんでしたw
再び急いでタクシーに飛び乗ってお店に向かい、無事二人と合流~。
着いて早々食べ始めてしまったので、料理や店の写真を撮るのを忘れた・・・(吐血)
食べながら作戦会議(笑)
次の日があるので、体力温存のため(一人は寝不足で瀕死)今日は寝とこう(笑)ということでホテルに戻りながら、20日の集合時間が鬼のように早い時間だった上、イベ開始まで連れ回される内容だったので、台北駅で新幹線の時間を変更してウチラは自力で行こう!ってことで解散前に台北駅へ。
とてもじゃないけど朝イチから連れ回されたらイベまで持たんわ・・・(T◇T)
一日前だったこともあり手数料なしで時間変更ができました。
20日も新幹線のチケットの時間を変更したんだけど、当日だと手数料が20元らしい~。
ゾンビ映画がやっていたので、ゾンビ映画を見ながら就寝。
臺灣に行ってまでゾンビ映画を見てしまう私って一体・・・。←ゾンビ映画大好き人間w

我ながらよく動いた一日でした(笑)
さっ、次はやっとこ本題~~~!( ̄▽ ̄;)ゞ

広告

カテゴリー

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。